投資の杜
// 更新 
MM法売買サイン点灯銘柄
MM指標チャート
日々データ活用法
Excelマクロ説明
利幅と損切り幅の取り方
ボトム足、トップ足の確認
ストップロスの設定
MM指数で買い場・売り場判断
ボリンジャーバンド
相場の相対的な強さRSI
トレンドを知るDMI
買いと売りの領域MACD
取引の基本的ルール・注意点
外為市場・シカゴIMM市場
主要通貨の分類・特徴・金利
外貨運用比較
投資戦略と推奨会社比較
FX取引会社比較
通貨別抜け幅・スワップ比較
おじさんの外為口座紹介
短中期の為替差損狙い
中長期のスワップ金利狙い
投資成績
フィボナッチ・リトレースメントとは
使用方法、設置イメージ
設置方法、HTMLソース
コマ足(平均足)・新値足とは
コマ足・新値足での売買ルール
手仕舞いのサイン
今日のコマ足・新値足チャート
バーチャルFXで仮想体験
取引の仕組み〜取引用語解説
自動売買とリスク管理
くりっく365とは?
くりっく365参加会社一覧
各社共通の取引ルール
有効比率によるロスカットルール
FX取引の税金と会社選び
FX取引の確定申告
FX取引の必要経費
金融商品の損益通算ルール
MM法投資家のページ
どの証券会社にすればいいの
口座開設までの流れは
ネット証券比較
ネット銀行比較
信用取引の仕組とリスク管理
ポイントはポジション管理
3つの信用取引制度
信用取引ができる/できない銘柄
おじさんの10ヶ条
IPO(新規公開株)の魅力
IPOのしくみと応募方法
銘柄選別法
新興市場の種類と特徴
月間記録とコメント
日別投資成績
追証の投げ・踏上げ・シコリ玉
値幅調整・日柄調整
クロス・裁定取引・仕手材料株
配当落ち・SQ・騰落レシオ等々
損をしない5つの法則
銘柄選び5つの法則
売買タイミング5つの法則
特定口座とは?
特定口座を開設するには
特定口座の賢い活用法
株券入庫とみなし取得価額
IPO当選銘柄
注目度、初値予想、初値、騰落率
今日の株価予測
投資情報
マーケット情報
便利情報
グロース投資とバリュー投資
割安株・割高株とは
信用賃借倍率と需給
信用残と相場
皆さんで作るお役立ち情報
あなたのメイン証券会社は?
あなたの投資用銀行は?
あなたの株の愛読誌は?
株主優待の活用法
どの銘柄を買えばよいの?
信用取引と優待取りの方法
今月の優待取り
現物取引と信用取引の違い
信用取引口座をつくるには
信用取引口座比較
株式分割とは?
個人投資家にとって何がいいの
信用取引や端数株の扱いは
事例に学ぶ株式分割
おじさんが勉強した本
中国の株式市場と投資リスク
中国の投資環境
中国株と5つの株価指数
中国株情報をゲットするには
ねらい目の業界・銘柄は
注目銘柄1日/5日株価チャート
おじさんの保有株と月次コメント
投資額 vis 資産総額推移
配当明細と期別推移
委託手数料・日歩・逆日歩
貸株料・管理費
配当金調整額・名義書換料
権利処理価格・税金・消費税
交流掲示板です
株・投資にまつわる話
あなたの推奨銘柄などなど
皆さーん、出番ですよー!
チャートと売買サイン
ローソク足と窓埋め
移動平均線
一目均衡表
給与所得者の賢い確定申告
年金生活者の賢い確定申告
専業主婦の賢い確定申告
税金・保険料シミュレーション
中国株を買えるネット証券
中国株と配当
中国株取引にかかるコストは
株式投資4つの楽しみ
ネットトレードの魅力・留意点
おじさんのトレード環境
MM法の実践(短期売買)
リッチおじさんへの道
MM法テクニカル分析
MM法実戦テクニック
本日の売買サイン銘柄
MM法投資家のページ
日別・月間投資成績
売買・投資ノウハウ
証券・銀行・愛読誌
ネット証券・銀行比較
売買5つの法則
売買指標の読み方
チャートと売買サイン
おじさんの10ヶ条
おじさんの情報源
おじさんの投資日記
日経平均時系列データ
外国為替証拠金取引
FX基礎・市場指標通貨
FX取引の仕組み
投資戦略と会社比較
くりっく365業者比較
FXの税金と確定申告
今日のコマ足チャート
フィボナッチ計算機
IPO・優待・株式分割
ブックビルディング記録
IPOの仕組と銘柄選別
今月の優待取り
事例に学ぶ株式分割
中国株
なぜ今中国株なの
中国株ネット証券比較
注目銘柄・チャート
信用取引・税金の知識
信用取引口座比較
信用取引の仕組とリスク
信用取引のコスト
賢い確定申告の方法
特定口座の賢い活用法
掲示板・書籍・用語
おじさんの本棚
株式・為替用語解説
リンク
相互リンク集
らんきんぐ工房
いるかちゃんの株式WEB
ウェリントン
 9:00-15:00
東京
 9:00-15:00
香港・上海
 10:00-16:00
ロンドン
 8:00-16:30
ニューヨーク
 9:30-16:00
シカゴ先物
 8:30-15:15
ラジオNIKKEI 7:50〜17:40 


 

スポンサーリンク

01/18(Tue) 06:52
信用取引口座比較 − 投資の杜

個人投資家にはオンライン信用取引がお勧め
株の取引には「現物取引」と「信用取引」の2つがあります。「信用取引は危険だ。個人投資家は近づくものではない」「信用取引は一般の人では手が出しにくい」、と思っていませんか?かっては信用取引の保証金が数千万円と高額で手がだせなかったものが、ネット証券では保証金が30万円と、ふつうの個人投資家でも手のだせる範囲となりました。余裕資金で運用し、リスク管理をしっかりとすれば信用取引は決して怖いものではありません。

  1. 信用取引にはまず「担保」が必要
  2. 現物取引にはない金利(日歩)や逆日歩(品貸料)、貸株料などのコストが掛かる
  3. 一定期間内(通常は6ヵ月)に決済、という期限が決まっている
現物取引と信用取引の違い
信用取引には現物取引にはない「空売り」(下落相場でも儲ける方法)、「少ない資金で大きな利益を上げる」(レバレッジ効果)、「クロス取引による株主優待取り」等のメリットがあり、これからは信用取引がインターネット取引の主流になると思われます。バブル時代に買った「塩漬け株」を担保にすれば結構な額の取引も可能です。
    現物取引項目信用取引
    ・現物の株式を買う
    ・持っている株式を売る
    取引・お金を借りて株を買う
    ・借りてきた株券を売る
    (6ヵ月以内に決済の約束のもと)
    買って、売る売買のやり方買って、売る
    売って、買い戻す(空売り)
    約定日の3営業日後に約定代金、
    諸費用を受け払いする
    お金の清算反対売買などによる決済を行うときに支払う
    金額と受け取る金額を相殺する(差金決済)
    持っているお金の範囲内取引できる金額担保にしている金額の3倍(レバレッジ効果)
    売買委託手数料主なコスト売買委託手数料
    買い方金利(買いの場合)
    逆日歩、貸株料(売りの場合)  など
「信用取引口座」をつくるには?
信用取引をするには証券会社に信用取引専用の口座をつくる必要があります。その証券会社に一般の取引口座を持ってない人が信用取引口座だけをつくることはできません。まずは、一般の取引口座をつくり、預かり資産(委託保証金)基準を満たすお金や株券を入れてから信用取引口座を申し込むことになります。

口座開設基準はホームページ上で明記してる会社とそうでない会社(?印)があります。電話面談をクリアする基準は、金融資産300万円以上、株式経験1年以上が1つの目安になると思います。

  1. 一般の取引口座を開設し、委託保証金基準を満たすお金や株券をいれる
  2. 証券会社のサイト内の「信用取引口座開設」のページから申し込み
  3. 住所、電話番号、メールアドレス等の登録情報を確認し、電話面談の希望日を指定
  4. 電話による面談(株式投資経験、金融資産の額など)
  5. 審査結果の通知。「可」の場合は口座開設の必要資料が郵送される
  6. 必要書類(信用取引口座設定約諾書)に署名・捺印し返送(4000円の収入印紙を貼る)
  7. 1〜2週間後に信用口座開設完了の通知

信用取引口座比較
私の場合は「毎日は取引しない」「1日の取引は多くて2〜3回」「値がさ株の取引が多い」ので、注文機能の豊富さよりも1取引あたりの手数料と金利の安さでSBI証券に信用取引口座を開設しました。委託保証金として口座開設基準以上の資産を入れていたので電話面談もなく「信用取引口座設定約諾書」が郵送されてきました。

比較項目SBI証券(2012.11.26)マネックス証券カブドットコム証券
特徴・1日に何10回も取引しない人
・値がさ株の取引が多い人には手数料が安いのが魅力
・取引回数より預かり資産を重視した手数料
・マーケットウォーカはプロ並みの投資環境提供
・「逆指値」ができるのでザラ場を見れない人
・ワンウエイ手数料は小分けに返済するときに便利
取扱い市場・銘柄東証・大証(制度信用銘柄)東証・大証・名証
(制度信用銘柄)
東証・大証・名証
(制度信用銘柄)
JASDAQ(店頭上場銘柄)
無期限信用取引○(買建のみ)○(買建のみ)△(買建のみ、期間3ヶ月)
口座開設基準
・金融資産
・株式経験
?(300万円以上)
?(1年以上)
200万円以上
1年以上
300万円以上
1年以上
最低委託保証金30万円30万円30万円
委託保証金率33%30%33%
最低委託保証金率20%25%30%
買方金利2.80%2.6%2.3%
売方金利0%0%0%
貸株料率1.15%1.15%1.10%
代用証券掛目80%80%80%
手数料体系スタンダードプラン 1注文150円から
アクティブプラン 1日100円から
1dayパスポート3000円
(1日300万円まで)
預り資産500万円以上の場合は2500円
業界初のワンウエイ手数料
新規建時のみ3000円
(反対売買は0円)
注文機能指値、成行のみ
期間指定注文(最大7日)
指値、成行
寄付成行、引け成行
寄付指値、引け指値
不出来成行(指成)
連続(リレー)注文
Uターン(リバース)注文
逆指値注文
先頭指値、優先指値
現在値指値
成行残数指値
成行残数取消
期間指定注文(最大30日)
指値、成行
寄付成行、引け成行
不出来成行(指成)
連続(リレー)注文
Uターン(リバース)注文
逆指値注文
W指値、±指値
リアルタイム株価情報
(自動更新)
HYPER SBI
信用取引口座開設者は無料
マーケットボードプロ(無料)
マーケットウォーカ
(月額2500円)
カブボードフラッシュ(無料)
kabuマシーン
取引状況により割引あり
(月額3570円)
モバイル端末等iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ、AIR-EDGE
W-ZERO3、iPhone
iモード、J-sky、EZ-web
Lモード、J-web
iモード、J-sky、EZ-web
パーム、ザウルス、AirH"
Lモード、Light&Mobile

比較項目松井証券楽天証券オリックス証券
特徴・取引回数が少ないと1回ごとの取引は高め
・ディーリング・ブラウザはプロ並みの投資環境提供
・取引回数が少ないと1回ごとの取引は高め
・マーケットスピードはプロ並みの投資環境提供
・無期限信用取引手数料は一律300円と業界最安値
・どこでもトレーダーProはプロ並みの投資環境提供
取扱い市場・銘柄東証・大証・名証・福証
(制度信用銘柄)
JASDAQ(店頭上場銘柄)
東証・大証(制度信用銘柄)東証・大証(制度信用銘柄)
JASDAQ(店頭上場銘柄)
無期限信用取引◎(買建・売建)○(買建のみ)○(買建のみ)
口座開設基準
・金融資産
・株式経験
?(300万円以上)
1年以上
300万円以上
1年以上
?(300万円以上)
1年以上
最低委託保証金30万円30万円30万円
委託保証金率31%30%33%
最低委託保証金率30%20%30%
買方金利2.1%2.1%2.0%
売方金利0%0%0%
貸株料率1.15%1.10%1.15%
代用証券掛目80%80%80%
手数料体系ボックスレート3000円
(1日300万円まで)
ひとつき割引コース
3000円(指値)
2400円(成行)
20回以上は700円
いちにち定額コース3000円
(1日300万円まで)
約定ごとコース
成行×0.105%
指値×0.126%
1日定額コース3,150円
(1日600万円まで)
注文機能指値、成行
寄付成行、引け成行
寄付指値、引け指値
不出来成行(指成)
期間指定注文(金曜まで)
指値、成行
寄付成行、引け成行
逆指値注文
指値、成行
寄付成行、引け成行
不出来成行(指成)
期間指定注文(金曜まで)
リアルタイム株価情報
(自動更新)
ネットストックトレーダー
(月額1800円)
ディーリング・ブラウザ
(月額3000円)
マーケットスピード
3ヶ月に1回取引すれば無料
(3ヶ月6000円)
オリックス・マーケット(無料)
どこでもトレーダー
(月額1470円)
どこでもトレーダーPro
(月額3045円)
モバイル端末等iモード、J-sky、EZ-web
Windows CE3.0、ザウルス
iモード、FOMA
パーム、ザウルス、Lモード
iモード、J-sky、EZ-web
PDA(CLIE)、Lモード
(注)デイトレーディングソフト:マーケットウォーカ(マネックス)、ディーリング・ブラウザ(松井)、どこでもトレーダーPro(オリックス)はドリームバイザー社製。マーケットスピード(楽天)はオリジナル。


スポンサーリンク
関連コンテンツ

© 2003- Investor's Forest. All rights reserved.